9月は全然練習できなかったけど団長努め上げました*


by nohohon-by-tokki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ito

e0119056_22134352.jpg
HP*では9月~数量限定で毛糸&糸を扱います
のほほん。セレクトで気に入ったものを仕入れてきました
リネン糸*リネンwool*wool*ベビーアパルカ
一番のお勧めは ベビーアパルカ***2色あります
どの糸も心くすぐる*お色ばかりです
一部ご紹介
カーキに水色の粒*ホワイトにカラーネップ*ブラウンにカラーネップなどなど
そろそろ 編み物始めてみませんか?
e0119056_2214448.jpg




アルパカは、南米ペルーに住むらくだ類の動物です。海抜4,000~5,000mの高原に放牧され、温度差の激しい地で身を守る為に非常に細い繊維毛を持っています。細く長い繊維は、油分に富み、汚れに強く水を弾きます。これが、しっとりとやわらかな肌触りを作り出します。
 アルパカは、非常に古くから存在し、その毛が衣料用繊維として使われた歴史も古く、紀元前400年頃、ペルー文明の初期にまでさかのぼることが確認されています。南米のアクアドル・ペルー・ボリビア・アルゼンチン北西部のアンデス山脈の高地(1,500m~5,000m)に生息し、そのほとんど(91%)は、ペルーに生息しています。
 アルパカの実際の頭数の正確な数字はつかめておりませんが、ペルーを中心に約300万頭いると推定されます。産毛量は羊毛の総生産量のわずか0.14%に過ぎず、とりわけ、ベビーアルパカはとても貴重で希少な素材といえます。
 寒暖の厳しい気候の中で成長したアルパカの毛は、20~30ミクロンの細く長い繊維で、保湿性に優れ、直毛なので毛玉になりにくい性質をもっており、生地やニットの素材として利用されております。アルパカ一頭からセーター一枚分の毛糸しかとれないため、世界中で高級品と重宝されているのです。
 その中でも、ベビーアパルカは生後6ヶ月程度の産毛で作ります。やわらかく、しなやかなさわり心地*生後6ヶ月程度までのアルパカの原毛はヨーロッパではカシミアよりも高級な素材とされています***
e0119056_22213242.jpg

[PR]
by nohohon-by-tokki | 2008-09-19 22:36 | お店